2012年 01月 18日

グラスルーツ・ワークショップ~アメリカンフィドルの旅~

NPO大阪アーツアポリアがこの企画に参加しています。

グラスルーツ・ワークショップ~アメリカンフィドルの旅~
[ヴァイオリンがなぜ、フィドルと呼ばれる“悪魔の箱”なのか!?]


 フィドル (=ヴァイオリン) はヨーロッパにおけるクラシックやジャズ、アイリッシュだけではなく、アメリカ音楽文化の中でも"悪魔の箱(Devil’s Box)"と呼ばれ、極めて重要な役割を果たしてきました。
 そんな不思議で妖しいフィドルの魅力を、アメリカポピュラー音楽の歴史や移民文化、 世相などの社会的観点から、またアメリカで発展を遂げた様々なスタイルや奏法の観点から、レクチャートークと生演奏で紹介します。
 レクチャートークは、ブロードキャスターとして活躍中のピーター・バラカン氏とブルーグラス月刊誌編集長の渡辺三郎氏。またトークゲストとフィドル演奏には、現在アメリカで最も注目されているフィドル奏者のケイシー・ドリーセン氏を迎えて行います。(GMW大阪実行委員会)

開催日時:
 2012年2月11日(土)Open 15:30/Start 16:00

出演:
 ケイシー・ドリーセン(フィドル奏者)
 ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
 渡辺三郎(ブルーグラス雑誌編集長)

会場:
 アートエリアB1 
 京阪電車中之島線 「なにわ橋駅」地下1階コンコース (地下鉄「淀屋橋駅」「北浜駅」から徒歩約5分)

参加費:
 前売り\2,500円 当日\3,000円 学生\1,500円(学生証提示のこと)
(定員になり次第、チケット販売・予約を終了します。)

チケット販売・予約:  
 店頭チケット販売:梅田ナカイ楽器三番街店にて取扱中
 ネット予約:AnnのHPの予約フォームから  
 電話予約:06-6372-9266 (梅田ナカイ楽器三番街店)

総合お問い合せ:
 info@ann-grassroots.com
 www.ann-grassroots.com

主催:GMW大阪実行委員会
共催:アートエリアB1、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
協賛:梅田ナカイ楽器(株)

※このプログラムは以下の場所でも開催されます。料金、申込み等詳細はAnn webページをご参照ください。

・名古屋:2/12(日)13:00- 名古屋国際ホテル 
・東京: 2/19(日)14:00- 明治大学 紫紺館


グラスルーツ・ワークショップ出演者プロフィール:
ケイシー・ドリーセン/Casey Driessen
 ニューヨークタイムズ紙が「tour de force(離れ技である)!」と評した超絶技巧「チョップ」で知られる、フィドル/ヴァイオリン奏者。昨年のグラミー賞最優秀新人のオルタナロック・バンド “Zack Brown Band”や,同年のグラミー賞最優秀ポップインストとワールド音楽2部門受賞の “Bela Fleck and the Flecktones”で活躍中。

ピーター・バラカン/Peter Barakan
 フリーのブロードキャスターとして活動、「Barakan Morning」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「CBS60ミニッツ」(CS ニュースバード)、「ビギン・ジャパノロジー」(NHK BS1)などを担当。

渡辺三郎/Sab Watanabe
 アメリカン・ルーツミュージックのエクスパートにして、バンジョー、フィドル、ギター他のマルチプレイヤー。1983年創刊の月刊ブルーグラス専門誌『ムーンシャイナー』の編集長としても活躍。

《関連企画》

 ケイシー・ドリーセンのライブ/ワークショップが以下の日程で開催されます。
●Pacific Rim Acoustic All-Stars(コンサート)
 [Casey Driessen(fiddle), Jordan McConnell(Guitar), TARO Inoue(mandolin)]
 神戸 2/14(火)20:00- James Blues Land \2,000
 大阪 2/15(水)19:00- 音楽学校MI JAPAN 一般\3,000/学生\1,500
 京都 2/16(木)19:00- 磔磔 adv\3,000/door\3,500
●Casey Drissen フィドルクリニック(フィドルワークショップ&ジャム)
  2/10(金)19:30- 大阪フィドル倶楽部 \5,000-(要予約)
※ ライブ情報,WSについては、Ann webページをご参照ください。 
 
[PR]

# by arts-aporia | 2012-01-18 19:00 | ニュース!